スキップしてメイン コンテンツに移動



こんにちは!東大みかん愛好会です
本格的なみかんシーズンが始まり、柑皮「証」の方も増えてきたのではないでしょうか。

さて、去る12月3日は全国果実生産出荷安定協議会と農林水産省により「みかんの日」として制定されています。
みかん愛好会では、
”3産地5品種の計100kgのみかんの食べ比べ”
を行いました

和歌山県有田郡田村産
・紅みかん(山下紅早生)
・中生みかん

佐賀県太良町産
・秋桜みかん(石地温州)
・太幸早生(宮川早生の枝変わり)

愛媛県宇和島産
・早生温州

こんなに多くの品種を食べ比べる機会はまたとない!ということでみかん愛好会員が45人集まり、みかんを中心に輪になって話も弾んでい
たようです。

ぜひこのみかんの魅力をみかん愛好会以外にも伝えたい!ということで、SNS用のみかんの撮影会も行いました
100kgのみかんを使って日本地図を作ったり、銀杏並木にみかんを掲げたりと
簡単に皮を剥くことができ、気軽に持ち運ぶことができるみかんの魅力を存分に伝える写真を撮影できたのではないでしょうか。

また、特別ゲストとして和歌山の善兵衛農園から井上信太郎さん、幸美農園から樫原正都さんがお越し下さり(軽トラで)、提供していただ
いたみかんの特徴を直接伺うことができました!

最後となりましたが、今回ご協力いただきました
和歌山県有田郡田村
○ 善兵衛農園さん  http://zenbeefarm.jp/
○ 幸美農園さん  https://www.yukimifarm.com/
佐賀県太良町
○ 針茂果樹園さん  http://www.harimo-farm.com/
愛媛県宇和島市
○ ninofarmさん  http://www.ninofarm-uwajima.com/
ありがとうございました。

コメント

このブログの人気の投稿

みかんゼミ報告②

こんにちは!

突然ですが皆さんは”みかん×〇〇”と聞いて〇〇に入る単語に何を思い浮かべますか?駒場祭のアンケートでは圧倒的にスイーツが多かったですが(ケーキにも乗ってたりしますよね)、今回私たちみかんゼミメンバーが挑戦したのは「みかん×料理」です!



せっかく作るからにはみかんの味を活かしつつちゃんと美味しいものにしたい…
かといって保守的になりすぎるのはもったいない…
などなど、各々のみかん料理にかける思いを会議でぶつけ合った結果、完成した料理は
・みかんごはん
・みかんの天ぷら
・みかんポタージュ
・みかん炒め の4品!




ほんのり甘いごはんにジューシーな天ぷらやみかんと意外に相性の良かったポタージュ、味がよく絡んだみかん炒めに舌鼓をうつみかんゼミ一同。みかんには無限の可能性があるということを身をもって実感したのでした。



ブログをご覧のみなさまもぜひ、みかん料理をお試しください。きっとみかんの新たな一面に気づけるはずです。

みかんゼミ報告①

【みかんゼミ報告①】
こんばんは! 愛好会員にとっては嬉しいみかんシーズン真っ只中!! グループLINEにもみかん情報がたくさん流れてくるようになり、幸せが極まっています笑
そんな東大みかん愛好会では週に1回、有志のメンバーで集まって「みかんゼミ」を行っています!このみかんゼミではみかんの食べるだけじゃない魅力を探っていて、今期は、「品種・栄養・産地」を扱っています。最近は柑橘類に関する文献を使って議論しています(もちろんみかんを食べながら😎👍)
今回のみかんゼミでは「愛媛における柑橘類の搾汁の現状と今後の課題」という文献を扱いました✨😃 多品種少量生産の柑橘業界で搾汁工場はどんな問題点を抱えているのか、それを解決するためにどんな取り組みをしているのかを学んで、その中から興味のあることについて詳しく調べ、最後に自分たちなりにこの問題の解決策を話し合いました。 農家さんとの交流を通じて生産者目線も、普段商品を買っている消費者目線も持っている私たちだから思いつくようなアイディアや考え方を多くの方に発信できるようになればいいなぁと思っています!
またみかんゼミでは毎回「今日のみかん」を食べています🍊
毎週違う産地や農家さんのみかんをおいしく頂いています😋今回は南柑20号という品種の温州みかんをみんなで食べました。




みかんを食べて甘みや酸味、コクなどいくつかの項目で数値化をして自分はどんなみかんが好きなのか、他の人はそのみかんをどう感じたのかを共有しています!人によって味覚もそれぞれ違っていて、愛好会ならではのちょっとマニアックな(笑)感想も出てきて面白いです😊
みかん好きな大学生が集まる東大みかん愛好会。

「おいしいから好き」なだけではなく、もっといろいろな側面からみかんを見て魅力を探っていくみかんゼミでの活動も大切にしていきたいです🍊💓
9月3日〜5日 東大みかん愛好会夏合宿

今年の夏は、和歌山県を訪れました。今回は初の試みとして、静岡大学みかんクラブの皆さんとの合同合宿を行いましたみかんの季節ではありませんでしたが、とても充実した3日間を過ごすことができました。その様子をご紹介します!

1日目
私たちはまず初めに観音山フルーツガーデン( http://www.kannonyama.com/ ) を訪れ、貴重なお話を伺いました。顔の見える関係を大切にする点や収穫後に果物が受けるダメージを極力減らすことよって本来の味を保つ点などにおいて、徹底した理念と実現力に一同感銘を受けました。また、大自然の中で頂いたドライフルーツ・ジャムなどは一段と美味しく、記憶に残る味となりました。観音山フルーツガーデンの皆さま、ありがとうございました

観音山フルーツガーデンとの別れを惜しみつつ、合宿地田村へ向かう電車へ乗り込み約1時間ほど。私たちが見たものは遠く水平線に沈んでいく美しい太陽と綺麗なグラデーションのかかった夕焼けでした。
田村に着くと、みかんサミットのメンバーと合流してお夕食。サミットの成功を祝いながら楽しく夜は更けて行きました…

2日目
この日は元気な田村小学校の生徒と交流をしました。なんと、生徒の約半数は、家がみかん農家だそうですそのため、私たちがみかんのことを教えるだけでなく、私たちが知らないことは教えてもらいたい、という思いで交流をしました
内容は、みかんクイズや青摘みみかんのスプーンリレー、ウォークラリーなどです。ウォークラリーは、5つの教室に設置されたクイズに正解するとキーワードが与えられ、全て集めると、とある言葉が浮かび上がってくる...というものです。その言葉は「たじまもり」。初めて知った生徒も多かったようで、ラリー終了後にはちゃんと解説もしました。この記事を読んでくださっているみなさんも、ぜひこれを機に調べてみてください
楽しい交流の後は、BBQをしました。美味しいお肉や野菜を食べつつ、メンバー同士の親睦が深まった夜でした

また、この日は隙間時間を利用して、井上信太郎さんが農園を案内してくださいましたさすがみかん好きの集まり、みんな興味津々で、真剣にお話を聞いていました。まだ酸味が強いながらも、青摘みみかんを頬張ってエネルギー補給している人もちらほら。みかんの成長が待ち遠しいです


3日目
こ…