スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

湘南研修①~青いみかんは夏のロマン~

こんにちは、広報のおおしまです。前回のごあいさつ記事、思いのほか多くの方が見てくださってありがたいやら恐縮するやら。

早速ですが産地訪問系の記事!!


と言ってもだいぶ前のことなので記憶を掘り返しつつ、勝手にエモーショナルな気分に浸りつつ書かせていただきます。余談ですが「エモい」という若者風の形容詞は嫌いだけど「エモーショナル」ならOK、みたいな謎の自分ルールがあります。

(…書いてて思ったけど、3段落目から余談かますブログって大丈夫なのか)
さて産地といえば、みかん愛好会の活動方針3つ目は「すべての産地を応援する」

ただ本来なら全産地に足を運びたいものの、お金もないためどうしても個人では偏りが生じてしまうのがツライところです。

僕の場合神奈川和歌山にはかなり深い縁があるものの愛媛には一度だけしか訪れていませんし、三ケ日、蒲郡、九州の各地などなどに至っては一度も行ったことがありません(行きたい!!)。なのでそちらのほうは詳しいメンバーに任せた!
というわけで「産地訪問」ラベル、第1回目は夏の湘南!2016年8月に実施した

「湘南研修」

について書きたいと思います。もう2年前ですね。1泊2日で神奈川へ行って参りました。

あの頃は大学にもサークルにも入りたてで、始めて運営に関わったので個人的に思い出深い企画です。

企画名に「研修」という単語がついてますがガチガチの勉強合宿ってわけではなく、「摘果」を学ぼう!というコンセプトからです。

摘果とは

皆さま「摘果(てきか)」ってご存知でしょうか?

簡単に言えば青いみかんの間引き作業です。
「葉っぱ20~30枚くらいに対して実1個」の割合にすることで栄養が行き渡るようになり、おいしいみかんができるんですね。明らかに小さいヤツや傷のついたヤツは優先的に落とします。

青いみかんは手で捻ると一瞬でポロッと取れちゃうので、ハサミは不要。だからって楽な作業では全然ありません。なんせ数は多いし確実に炎天下での作業ですからね。

……それにしてもこのブログ、繋がりのあるみかん農家さんなんかも見てくださっているでしょうから「もし間違ったみかん情報書いたらヤバい!!」という妙なプレッシャーがあります。

間違ってたら指摘をください。すぐ直します。で僕の寿命は縮まります。

1日目スタート

平塚駅で集合、貸し切らせていただいた喫茶店で名前ビンゴゲームなるものをやって親睦を深めました。大学生…
最近の投稿

リニューアルに寄せて

初めまして、東大みかん愛好会2018年度広報のおおしまと申します。一応伏せ字で「O島」表記にしようかと思ったのですが、発音してみるとほぼ何も伏せられてないのでやめました。「誰やねん!」って感じだと思うので以下簡単にプロフィールです。

名前:おおしま/ガンランサー 所属:東京大学教養学部文科三類2年(2回目) みかん愛好会での役職:広報班リーダー、湘南班など 好きな柑橘:伊予柑 最近の悩み:柑橘の剥き方がどんどん下手になっている
というわけでよろしくお願い致します! なお2行目あたりに不穏な括弧をつけましたが今日は一切触れません(触れたら無限に脱線してしまう)。
以下、東大みかん愛好会ブログ、リニューアルポイント!
1.ちゃんと更新します
まあこれですよね。リニューアルポイントというか半分スローガンですが(笑)。
「みかん愛好会がブログやってる」ということ自体、そもそも知ってましたか……?正直言うと僕も最近まで「開設してるらしいけどよう知らんわ~」程度の認識でした。みかん愛好会メンバーなのにこの有り様。でもせっかくあるんだから活用していかなきゃな、と思いました。
2.Bloggerからはてなブログにしようと思ったけどBloggerのままにしました
なんかのっけから意味不明でごめんなさい。リニューアルポイントでもなく「リニューアルしようとしてやめましたポイント」です。
ブログサービスを移行しようと思った理由としては、「はてなブログのほうがアクセス数が伸びやすいらしい」というウワサに踊らされたからです。まぁあながち間違いでもないらしく。

ただ、何となく東大生って炎上しがちですよね(偏見)。もちろん批判されるされないはコンテンツ次第ですし、我々の場合みかんを粗末にしない限りは大丈夫だとは思っていますが何となく恐れをなしてBloggerに留まりました。万一何かあったら代表にめちゃめちゃ怒られそうだし。
とはいえブログを動かす以上は多くの人に読んでほしいので、シェア等でお友達にも勧めたりしてほしいな~というのは書いておきます(「アクセス稼ぎたい」って言うと即物的すぎるため表現をいい感じに和らげました)。
3.ブログを書く人は本名かペンネームで名乗ります
ここからが今回一番伝えたいこと。「ブログでは書き手のパーソナリティーを出していきます」という宣言です。

まず前提として、ブログってタイムラインを眺めていれば否応な…

みかんゼミ報告②

突然ですが皆さんは「みかん×〇〇」と聞いたとき、〇〇に入る単語に何を思い浮かべますか?

駒場祭のアンケートで圧倒的に多かったのは「スイーツ」。確かに、みかんがケーキに乗っている光景はよく見ますよね。しかしみかん愛好会としては新たな可能性を探っていきたい。

というわけで、今回私たちが挑戦したのは「みかん×料理」です!みかんゼミのメンバーで、ゼミ番外編(調理実習?)として挑戦してみました。

せっかく作るからには、みかんの味を活かしつつちゃんと美味しいものにしたい…。かといって保守的になりすぎるのはもったいない…。などなど、各々のみかん料理にかける思いを会議でぶつけ合いました。

その結果、完成した料理は

・みかんごはん
・みかんの天ぷら
・みかんポタージュ
・みかん炒め

の4品!

ほんのり甘いごはん、ジューシーな天ぷら、みかんと意外に相性の良かったポタージュ、味がよく絡んだみかん炒め。みかんゼミ一同、自分たちで作ったみかん料理に舌鼓を打っていました。みかんには無限の可能性があると身をもって実感できました。

ブログをご覧の皆様もぜひ、みかん料理をお試しください!きっとみかんの新たな一面に気づけるはずです。

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます。本年も東大みかん愛好会をよろしくお願い致します。

ところで皆さん、お正月に見かけるこちら。

鏡餅です。

こちらの鏡餅に乗っているのはみかん…と見せかけて実は「橙(だいだい)」という柑橘なのをご存知でしょうか?

「橙」と聞くと馴染みが薄いかもしれませんが、実はポン酢などにも使われている柑橘です。もともと「代々」と結びつけられ、子孫繁栄を願うものとしてお正月飾りに用いられるようになったそうです。

とまあお正月のうんちくはこれくらいにして(笑)、改めまして今年もよろしくお願い致します!

みかんゼミ報告①

みかん愛好会員にとっては嬉しいみかんシーズン真っ只中、皆様いかがお過ごしでしょうか。サークルのグループLINEにもみかん情報がたくさん流れてくるようになり、幸せが極まっています!
ところで皆様は「みかんゼミ」をご存知でしょうか?

おそらく日本初の試み。みかん愛好会による、みかん愛好会のための本格的なゼミです。
ゼミの活動は週に1回、有志のメンバーで集まって自主的に行っています。2017年度前期から始まり、今期で2期目。「食べる」以外の観点からもみかんを知ることをコンセプトにしており、今期は「品種・栄養・産地」を扱っています。議論は主に柑橘類に関する文献を使って行われます(もちろんみかんを食べながら!)。
今期のみかんゼミでは「愛媛における柑橘類の搾汁の現状と今後の課題」という文献を扱いました。多品種・少量生産の柑橘業界において搾汁工場はどんな問題点を抱えているのか。そしてそれを解決するためにどんな取り組みをしているのか。
その中から興味のあることについて詳しく調べ、最後には自分たちなりにこの問題の解決策を話し合いました。

普段みかんを買っている「消費者」としての目線。さらに農家さんとの交流を通じて得られる「生産者」側の目線。その双方を持っている私たちだからこそ思いつくようなアイデアや考え方を、多くの方に発信できるようになればいいなと思います!
またみかんゼミでは毎回「今日のみかん」を用意して食べており、毎週違う産地や農家さんのみかんをおいしく頂いています!今回は南柑20号という品種の温州みかんをみんなで食べました。
食べるにしても、ただ食べるだけではありません。

甘みや酸味、コクなどいくつかの項目で数値化をし、「自分はどんなみかんが好きなのか」「他の人はそのみかんをどう感じたのか」を共有しています。人による好みの違いが分かると共に、みかん愛好会ならではのちょっとマニアックな(笑)感想も出てきて面白いです。
みかん好きな大学生が集まる東大みかん愛好会。


「おいしいから好き」というだけでなく、もっと色々な側面からみかんを見て魅力を探っていくみかんゼミの活動も大切にしていきたいと思います。

みかんの苗成長記録~苗よ永遠に~

「みかん愛好会ってみかん育てないの?」とよく聞かれます。確かに、みかん愛好会の育てるみかんの木、欲しい。

そこで、家庭菜園にてみかんの苗を育ててみることにしました。豊かな土壌や十分な日当たりがあるとは言えない都会の住宅地の一角でも育てられると証明できれば、みかんは今よりもっと魅力的な果物になりうると考えました。

今回は都内某所の住宅地の庭を借りさせてもらい、畑づくりから植樹までを行なったことを報告します。

7月前半、真夏の暑い時期にまず畑づくりを行いました。雑草や石で埋め尽くされていた土地を開墾し、苗を育てられるように更地にしました。

それから2週間後、いよいよ植樹です!穴を掘り、水苔を土に混ぜ、石灰を混ぜ、溝を掘って砂利で埋め、苗にふさわしい土壌を作るべく作業しました。

それから、5年生の温州みかん「大津」をついに植えました。




5年生というのは植えてから5年が経つ苗木のこと。一から育てるのは時間がかかりすぎハードルも高いので、今回はこの苗木を採用しました。

すでに小さな青い実がついており、この実が食べられるようになる冬が待ち遠しい…!


はずだったのですが、、、



植えてから約2週間、なんと葉が全て散っていました。。。
先端も枯れていますが、植物体はまだ水を吸っているギリギリの状態とのことです。
原因としては

・建物と建物との間に熱がこもりすぎた
・雑草の生育が予想以上に盛んで、植え替え時の肥料が十分に苗木に行き届かなかった
・アリが蔓延っており根にダメージがいった結果、肥料の吸収が悪くなった


などが考えられますが、いまだ完全な究明には至らず……。

というわけでみかんの苗成長記録は今回は未遂に終わりました。
みかん愛好会では再度みかん栽培に挑戦していきたいと思っていますので、また見守ってくださると幸いです。

正直めちゃめちゃ悔しい。